ホーム > 緑化友の会 > 会員からの一言

会員からの一言

会員からの一言
友の会へリンク
会員からの一言

会員からの一言

緑化友の会に入会して


会社を退職し、40年ぶりに戻った故郷に貢献したいと思い、平成27年4月に幼馴染みの友人と共に緑化友の会に入会しました。

「声掛けで、いい汗かいて事故はゼロ」

作業前に全員で唱和する緑化友の会の標語です。

作業とは、市内各公園の整備(草刈り・集積運搬、堆肥造り、樹木の剪定、季節の花の播種・育成、花壇造りと管理、トイレ清掃等)を基本的には午前中行います。

朝の挨拶から作業中の技術指導・安全確認、休憩中には趣味の話や冗談等、また公園の利用者の方にも「声掛けで」、コミュニ-ケーションを図ります。

夏場の作業等は、正直キツイと思う事が有りますが、作業後のきれいになった公園・花々の咲き揃った土手堤や花壇を見た時の達成感は何物にも替え難く、正に「いい汗かいて」を実感する時です。

また、作業には草刈機や鎌・チェーンソー・脚立・軽トラック等が使われますが、これらによる事故はもちろん、作業中の体調、公園を利用する方や車にも注意を要します。

緑化協会による草刈機講習・健康講習も行われますが、標語を念頭に各々が常に安全を意識することが「事故はゼロ」の一番の要因だと思います。

標語を言い換えれば、作業を通じて明るく健康で安全に活きていこうという事だと思います。

因みに、友の会の平均年齢は現在73歳。

私のような元会社員・公務員から自営業、農業、専業主婦の方々が作業に取り組んでおられ、作業のやり方は勿論、地域・野菜作り・趣味・料理等、経験豊富な情報が聞けるのも楽しみですが、何よりも皆さんの作業に対する情熱が凄まじく、これまで只々そのパワーに引っ張られてきただけの感じがします。

先輩方の助言や励ましに支えられ、少し余裕ができたかなと思う今日この頃、ふと気づけば作業日を待ち遠しく思う自分がいるのです。

それでは最後にもう一度、「声掛けで、いい汗かいて事故はゼロ」

今日も頑張ろう!

河合  義文

会員からの一言
 
トップへ